FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュメモリ お次はCPLD 勘違いしてた (Flash)»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Flashメモリ書き込み成功


前回実験したときは書き込みもうまくいかず
読み出してもすべて0xFFしか返ってこなかった

前回は制御方法がSRAMと同じと勘違いしたうえでの実験だったので当然


というわけで、Flashメモリについて調べてみた。

なーるほど、初期状態ではすべてのメモリに0xFFが入っていて
書き込みが可能なのは0だけなのか

1になってるビットを0にすることは出来るが プログラムモードで0を1にすることは出来ない

へぇ~

値を書き換えるにはいったんセクタ単位ですべてを初期化しなきゃいけないんだな

1→0にするのと0→1にする方法が別なため
そういうモードを切り替えるためにいくつかコマンドを使わなきゃいけないわけか

消去コマンドを送ると、いったんすべてのビットが0になってその後すべて1になる

そしてプログラムモードで値を書き込んで1→1 1→0の処理をする


セクター単位で一気にパッと消去する感じから フラッシュって名前がついてるのかぁ へぇ~



ふむ、基本的なことはわかった

コマンドについてはデータシートにのってたからとりあえず試してみよう

データを送る方法は間違っていなかったので、コマンドに合わせてデータを送るだけだ

20121223_235148.jpg

おk!! ちゃんとデータが保存できてる

消去コマンドもきちんと動作してる!

最初すべて0xFFだったところに PCからシリアルデータを送信して書き込んで

次に読み出してみると、送った文字コードが入っている事が確認できた


最初「きっとSRAMと同じだろう!」と勘違いしてて実験がうまくいかなかったときはどうなるかと思ったけど、SRAMとの違いを理解すれば簡単だったな。

スポンサーサイト

フラッシュメモリ お次はCPLD 勘違いしてた (Flash)»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。