FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC32MX UART 送信 PIC32MX タイマ2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

音に反応する物


次の零電の内容は

手をたたく音でON・OFFを切り替えられるライトを作る  にしようかと考えてる

s-201010281.jpg
そのためにマイクアンプを手に入れた。

僕はアナログ回路が苦手なので、それを克服するためのいい勉強になる気がする。

とりあえずこのキットの出力をそのままオシロスコープで見てみた。

手をたたいてみたが、ノイズとの区別があまりつかない…

声を出すとなんとなく音声の波形が見えるのだが、手をたたいてみてもあまりしっくりこない

たまに瞬間的に電圧が高くなるけれど、このままマイコンに突っ込んだところで信号を判定することは無理だ


FFT解析をしてみると、音声とかの信号はその周波数の場所にピークが見て取れたが、

手をたたいた音の場合は全ての周波数が全体的に反応してしまった

これはもう一手間かける必要がありそうだな

スポンサーサイト

PIC32MX UART 送信 PIC32MX タイマ2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。