FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零電:実践編 8回目 自己点滅LED 4»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

自己点滅LED 5


前回せっかくツェナーダイオードを使ったから、なんとなーく
わかった気になったようなポイントを整理してみる

s-DSC_4316.jpg

まぁ、約5Vのツェナーとして電源が12Vなら抵抗には7V 

で、10mA流すとすると 抵抗値が700Ωと定まる

そんで、前回はツェナーと並列にLEDと抵抗を付けた、が
話をシンプルにするために抵抗だけにしてみよう

s-DSC_4337.jpg

たとえば5kΩの抵抗を付ければ 電圧は5Vだから電流は1mA

大本の電流は10mAだからツェナーに9mA抵抗に1mA

ここでツェナーをはずして考えてみると
s-DSC_4318.jpg
抵抗の分圧だけになるから さっき5Vだったところが10.5Vになる

つまり抵抗だけだと10.5Vになっちゃうところをツェナーさんの力で5Vにしてたわけだ
ふむふむ

s-DSC_4319.jpg
ツェナーを元に戻して 抵抗値を5kΩから500Ωにしてみると

10mAの電流はほとんど抵抗側に持っていかれるはず

さすがに電流が流れてないとツェナーダイオードも力を発揮できないだろう

ってことでここがツェナーが力を発揮できるボーダーラインって事なのかな

s-DSC_4320.jpg
今ツェナーをはずせば抵抗値は5Vのまま ボーダーラインだからそうなるよな

で、抵抗値をもっと下げるとツェナー効果を発揮できる電圧以下になるので電圧は抵抗の分圧に依存してしまうのかな
s-DSC_4321.jpg


だから前回のLEDもツェナーダイオードの電圧が落ちてたわけか

うーむ 頭の中にあったものを書いてみたらすっきりした


前回の回路で考えてみた
s-DSC_4332.jpg
大本からとれる電流は10mA程度

s-DSC_4333.jpg
LEDの上には100Ωの抵抗を付けていたので

LEDのVfと抵抗100Ω 電圧5.1V この条件だけ見るとLEDに流れる電流は・・・
s-DSC_4334.jpg
17mA!?

なるほど最大10mAしか取れないところから17mAも撮ろうとしたらツェナーダイオードは働けないから
電圧が5Vをキープできなくなるのは当たり前か

s-DSC_4339.jpg

ツェナーがいないのと同じような条件になって、電流の値が整理されて10mA前後の値が実際に流れるわけか
(電圧は実際に計ったらこんな感じだった。LEDが光っている時)

うんうん、計算通りの値がでてる
それに、おおむね前回の波形と計算値が同じような感じになった

この考え方でどうやらあっているようだな よかったよかった

スポンサーサイト

零電:実践編 8回目 自己点滅LED 4»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。