FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己点滅LED 5 加速度センサを使ってみる 4»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

自己点滅LED 4


この前は抵抗の分圧で自己点滅LEDを使ったけど

ためしにツェナーダイオードも使ってみよう

ツェナーダイオードは使ったことがないからいい機会だ


ツェナーは普通のダイオードに逆電圧をかけたときに電流を流すようになるツェナー効果を積極的に利用して
電圧が一定になるようにした定電圧ダイオードのこと

こんくらいの知識しかない

まぁ、きっとこうすりゃいいんだろう
s-DSC_4296.jpg
今回使うのは5.1Vのツェナーダイオード

上の抵抗には電源の12からツェナーの電圧を引いた6.9Vがかかる

ってことは後は流す電流さえ決まれば抵抗値が決まるな
s-DSC_4290.jpg
これに自己点滅LEDと抵抗を付けてやればLED消灯中もLEDには5.1Vしかかからないはず

点灯時
s-DSC_4291.jpg
消灯時
s-DSC_4292.jpg
こうなると予想

実際にやってみたら消灯時は予想通りだったが
点灯時はちょっと違ってた

s-DSC_4293.jpg
(あ、図の一箇所5.1のままになってる・・・ ミス)

なんでだろう

波形を見ると
s-DSC_4286.jpg
赤がツェナーの電圧 黄色がLEDの電圧

s-DSC_4306.jpg
LED側に電流をとられすぎて 電圧を維持できなくなったのかしら。

じゃぁためしに一番上の大本の抵抗を小さくして供給する電流を増やしてみよう。
s-DSC_4295.jpg

s-DSC_4297.jpg
お、ほとんど一定の電圧になった。 ツェナーにも十分に電流が行くようになったからかな

って事は、LEDに流す電流を減らせば 必然的にツェナーにまわせる電流が増えるわけだから
大本の抵抗を元に戻して、LEDの上の抵抗値を上げれば
s-DSC_4307.jpg

s-DSC_4298.jpg
おお、やっぱこっちでも大丈夫だな

まぁ、当然LEDが暗くなっちゃうけど


あ、そうかツェナー無しで考えたときのLEDとそのすぐ上の抵抗の電圧が5.1Vを下回ったからいけないのか
そうだよな、一番上の抵抗を下げるか、LEDの上の抵抗を上げさえすれば ツェナーがある位置の電圧は上がるもんな、5.1V以上あるはずのところを5.1Vにするように働くわけか
それ以下の電圧ならそっちが反映されるだけなんだな… なんとなくツェナーダイオードがわかってきた



よしよし、とりあえずツェナーダイオードをつかって自己点滅LEDを光らせることが出来たからよしとしよう。

ツェナーの電圧が下がったのが気になったからいろいろ試したけど、
自己点滅LEDをつけるにあたっては別にさがってくれてもいいのか

スポンサーサイト

自己点滅LED 5 加速度センサを使ってみる 4»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。