FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速度センサを使ってみる 1 自己点滅LED 2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

自己点滅LED 3


まてよ、そもそも常にほぼ一定の電圧がLEDにかかったほうがいいんじゃないか?

ってことはまず初めに抵抗による分圧で3.3Vを作ったほうがよかったのかな

一回目ではLEDに流れる電流から定めていったけど

s-DSC_4226.jpg

でもまてよ、こうなると上の抵抗と下の抵抗で流れる電流は同じになる

そこに下の抵抗と並列にLEDをつけたら、電流はどうなるんだ?

ためしにやってみると

抵抗(上)470Ω (下)200Ω
うん、つくにはつくな  電圧も3.3V と 3.5Vで切り替わってる
3.5Vになっちゃうのは抵抗値が計算どおりじゃないし仕方ない

電流を測ってみると
点灯
LED 3mA
抵抗(上) 18mA
抵抗(下) 15mA

消灯
LED 0mA
抵抗(上) 18mA
抵抗(下) 18mA

実際には3.3Vと3.5Vで電圧が若干変化してるから LEDに電流がちょっともらえたのは理解できるけど

これ、完全にVfと同じになったら電流ほとんどLEDには行かなくなるかな? どうなんだろう

つかないってのはなんかイメージしにくいなぁ

抵抗(下)には抵抗(上)からの電流を全部流せる余裕があるけど、それでもLED側に電流は流れるのかな


自己点滅LEDと抵抗(上)でLEDに流れる電流がきまって、そのおこぼれが抵抗(下)にながれるのかな

でも、となると、抵抗(下)は電圧はほとんど変わらないのに電流が減るって事になってオームの法則がなりたたなくなるきがするんだけど、どこでバランス取ってんだろう



下の抵抗を可変に変えて、確認を簡単にするために自己点滅じゃなくて普通のLEDに変更して

LEDのVfとほぼ同じ電圧を作ってつなげてみた

お、うっすらとしか光らない ってことはほとんど抵抗に持っていかれてるって事か

抵抗(下)の抵抗値を増やしてLEDにかかる電圧を上げるとLEDにかかってる電圧はVfで一定になる

今は赤の2.2Vくらい

抵抗(下)を変化させても、LEDがついている状態なら回路全体の電流量は変わらなかった

LEDがついているときは抵抗下の電圧はVfに固定されてしまうから 抵抗が増えた分抵抗(下)に流れる電流が減って、LED側に流れる電流がふえるのか

抵抗(上)の電圧も電源ーVfで固定化されるから抵抗(上)流れる電流は一定

その一定の電流のうち I(抵抗下)=Vf/R(抵抗下)が抵抗(下)に流れて残りがLEDか


なんか書いてて混乱してたが、なんとか納得してきたぞw

普通のLEDで考えたらすんなり理解できたのに、なんで自己点滅だと混乱したんだろう

・・・

電圧が変わるからか

そもそも点灯時と消灯時で自己点滅LEDに同じ電圧をかけるって前提がおかしかったのか
(この回路構成では)


結局一回目の設計方法であってたんだな そうに違いない

抵抗による分圧でVfと同じ電圧を作ってしまったらやはりLEDはほとんど光らないんだな


最後に自己点滅LEDで試してみよう、

うん やっぱりそうだ、わずかにしか光らない あーーすっきりした


と同時に、抵抗での分圧の方法は自己点滅LEDにとってはいい方法ではないって事になるのかな

どうしても消灯時にちょっとだけ高い電圧がかからなきゃいけないって事だもんな

消灯時に高い電圧がかかって自己点滅LEDが壊れるから分圧抵抗が必要って事だけど、
抵抗による分圧では高い電圧をゆるめることしか出来ないわけだな。

レギュレータとかなら常時一定に出来るわけだな なるほど

まぁ、たかがLEDにそこまで考える必要は無いか! 壊れないで、つきゃいいやw!!



スポンサーサイト

加速度センサを使ってみる 1 自己点滅LED 2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。