FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイロセンサーを使ってみる NIOS2 奮闘記【26】 UART»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

C# ファイルを開く


C#でファイルを開く方法 自分用メモ


using System.IO;

private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
   string fname;
   OpenFileDialog ofd = new OpenFileDialog();

   ofd.InitialDirectory = @"C:\"; //最初のディレクトリ
   ofd.Filter = "CSVファイル|*.csv";
   ofd.FilterIndex = 1;
   ofd.Title = "CSVファイルを選択してください。";
   ofd.RestoreDirectory = true;
   ofd.CheckFileExists = true;
   ofd.CheckPathExists = true;

   if (ofd.ShowDialog() == DialogResult.OK)
   {
    fname = ofd.FileName; //ファイル名とパスを取得
    textBox1.Text = Path.GetFileName(fname);
    textBox2.Text = Path.GetDirectoryName(ofd.FileName);
   }
}

20120823_225437.jpg
スポンサーサイト

ジャイロセンサーを使ってみる NIOS2 奮闘記【26】 UART»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。