FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

零電 64回:I2C 7/27作業»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

24/7/29 作業


せっかくI2Cの実験をしたので、I2CのEEPROMの取り扱いに挑戦してみた
使ったのは24FC1025
s-DSC_3855.jpg

書き込みは難なくうまく行った

一バイト書き込みも 複数バイト書き込みも問題なかった

ただ、読み込み これに結構苦労してしまった


うまく行かない原因を探ってみると

どうやら一バイトずつのランダムアクセスはうまく行ってるが

シーケンシャルリードを行おうとするとうまく行かない。


オシロで波形を見てると1バイト受信したときはマスタがNOACKを返してる

NOACKが受信終了の合図だよなぁ

シーケンシャルリードで試してみると、あ、一バイト目を受信したときにNOACKを返しちゃってる!!

これじゃ、次のデータを読めないわけだ

マスタ側のTWCR(コントロールレジスタ)のTWEAビットを1にセットすれば

データを受信したときにマスタ側もACKを返すようになるはず

ただし最後のデータを受信したときはNOACKを返さないと終われないから
TWEAを0に戻す


これで実験してみたら うまくいったぁ!

動画のネタがひとつ増えたな

スポンサーサイト

零電 64回:I2C 7/27作業»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。