FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モータードライバー作成 その8 モータードライバー作成 その6»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

モータードライバー作成 その7


フライホイールダイオードを付けても

逆起電力の影響を殺しきれてないような感じでした


ちょっと調べてみると、フライホイールダイオードは応答速度が早く順電圧も低い

いわゆるショットキーダイオードじゃないと効果が無いような事が書いてありました


で、ふと使ったダイオードを見てみると、整流用の普通のダイオードでした



とりあえず3種類のダイオードを購入

・応答速度に優れた 汎用小信号高速スイッチングダイオード 1N4148

    破壊されるのを覚悟して速度による影響が見たかった

・順電圧が低い ショットキーバリアダイオード BAT43

    これも破壊されるのを覚悟で実験w

・電流がながせる ショットキーダイオード 1S3
    
    本命



とりあえずフライホイールダイオードなしで

20100804_222555.jpg


s-P8060006.jpg

次にフライホイールダイオードを装着

20100806_132045.jpg

s-P8060005.jpg

ちょっとだけ 点の用になっているのが確認できました 

1N4148は普通に臨終w

BAT43はとりあえず無事

1S3も無事でしたが、BAT43との影響の違いが見て取れませんでした



フライホイールダイオードを付けることで確かに変化はありましたが


完全にモーターの発電による逆起電力を殺せてはいないようでした

スポンサーサイト

モータードライバー作成 その8 モータードライバー作成 その6»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。