FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モータードライバー作成 その7 モータードライバー作成 その5»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

モータードライバー作成 その6


前回PWMの周波数を変えてやってみてふと思ったのですが、


適切なPWM周波数ってどうやって決定するのだろう


調べてみると、モーターの電気的時定数が鍵になっているらしい

電気的時定数とは モーターに電圧をかけて回転させるときに

電圧を印加してから電流がながれるまでの応答時間の事らしいです

モーターはただのコイルですので Lの成分とRの成分で出来ています

電気的時定数Te(ms) = L/R で表されるようです


PWMの周期は この電気的時定数の5倍程度にするのが理想のようです


前回周波数を上げていったところ デューティー比は50%のままなのに、

ある程度の周波数以降どんどん回転速度が落ちていきました

これはきっと電気的時定数以上の周期でパルスを加えてしまったため、うまく回れてなかったってことですよね?

電気的時定数以上の時間でパルスを加えてしっかり電流を流してやらねばならないってことですよね?


で、どうやって電気的時定数を計測するかは僕はまだよくわかってませんww

それはまた後日


スポンサーサイト

モータードライバー作成 その7 モータードライバー作成 その5»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。