FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネークww またかwww»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Verilog 代入


今日もCPLDの使い方を勉強してたんですが

前々からなぞだったけど、よくわからないから保留していたことが

解決されてちょっとハッピー


それは代入の記号

= と <= これの違いがいまいちわからなかった

しかも どっちかだとエラーになる時があって

エラーの原因特定に時間がかかることがしばしば



どうやら = はブロッキング代入と呼ばれ

b = a + 1;
c = b + 2;

とした場合、 二つの式は上から順番に実行される

<= はノンブロッキング代入とよばれ

b <= a + 1;
c <= b + 2;
とすると、 二つの式は並列に同時処理される

つまり、C <= b + 2; の bは以前に実行した値を採用することになる


といった違いがあったらしい これでまた一つお利口になった


なんでこんなことを調べてたかというと、 <= を = に変えたら
エラーが消えたからである

しかし!!

ブロッキングとノンブロッキングの違いがわかったのはいいが、その違いのせいでエラーが出る理由が

わからーーーん!!

しかも、よく考えると <= じゃないと 動作的におかしい気がする

スポンサーサイト

スネークww またかwww»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。