FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギアのコピー PICの勉強3»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PICの勉強4


電源はつけ終わりましたが、まだ準備があります。 なかなか大変ですね

リセット端子とクロック端子にあるものをつけます。
まずリセットですがここには5Vを加えます。理由は後ほどってことで

さらに重要なものが 発振子というものです今回使うものはセラロックなんて呼ばれてます
P2280249.jpg
三本足のこの部品は何をするものかというと、PICのクロックを生成するために使います。
この部品だけでは特に意味がないのですが、内部にある発振回路とあわせることで発振します。

「発振するからなんなんだ!」
発振すると電圧の波のようなものが発生しますその波を基にしてコンピュータは動いてるらしいです。
よくCPUなんかでクロックが何GHzとかいいますが、それです。
ま、深く考えてもしかたないので、これがないと動けないということだけ

このセラロックの左右の足をPICのOSC1とOSC2につなげます、どっちがどっちについてもおkです。
真ん中の足はGNDにつなぎます。


リセットとセラロックをつないだところ
P3020255.jpg


これで基本準備はOK いよいよ動かします

スポンサーサイト

ギアのコピー PICの勉強3»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。