FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PICの勉強2 PIC開発環境の準備2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PICのお勉強 その1


さっそくPICを実際に使ってみるわけですが、
使うにあたって他にもいろいろ準備することがあります

電子回路の実験をするのに必要なもので、ブレッドボードというものがありやす。
P2280238_convert_20090228110802.jpg

大きいものや小さいものいろいろなサイズがあります。秋葉原の電子パーツ店などで売ってます。

パッと見何の役に立つのかわからんものですが、とっても便利です。一家に一枚は必ず必要です。

何がそんなに便利かというと、回路の配線が簡単に行えます。

P2280239_convert_20090228110932.jpgP22802392_convert_20090228111516.jpg
白い板の表面にたくさん穴が開いていますが、
図の穴のうち同じ色で塗られた部分は内側でつながっています。

P2280241_convert_20090228113817.jpg
要するに↑の図のように部品をさすだけで思い通りに配線が出来るのです。これは便利ですね!
(太い赤線の所がブレッドボード内部でつながってます)
これで実験のためだけにわざわざハンダ付けしなくてもよいのです!

スポンサーサイト

PICの勉強2 PIC開発環境の準備2»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。