FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでどうだ! もしかして・・・»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

なにか回避策はないか


今は送られてきた回転角度情報の桁数によって

数値取得の命令が別々でした

指令PICからの命令が1だったり 1000だったりするので
1桁の数値読み込みと 4桁用の数値読み込みを別々に実行してました。


あまり考えいくいですが、別々の命令に分けることでエラーがどれか一つに潜伏している可能性を
減らすために

指令PICの命令を常に5桁に限定しました
1のときは    00001
1000のときは 01000

これなら常に5桁用の数値読み込み命令が実行できます

送信側のprintfの %ldを %05ldに変更して

受信側は
reg = (buffer[1]-'0')*10000 + (buffer[2]-'0')*1000 + (buffer[3]-'0')*100 + (buffer[4]-'0')*10 + (buffer[5]-'0');

これで、統一の命令で動作するようになりました。

がしかし、当然、例の問題は計決せず。なぜか100のくらいだけ255でオーバーフローを起こす

1255の次が 1000になってしまう。

スポンサーサイト

これでどうだ! もしかして・・・»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。