FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイマー VC++/CLI まてよ、このまま早くすると・・・»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

リストボックス自動スクロール VC++/CLI


きちんと信号がPICから送られてくるかの確認のために
listBoxをつけてるんですが

こいついくら行数が増えてもスクロールしてくれないんですよね

数が増えてもスクロールしてくれないと今の数値が見えない

これはちょっと不便だなということで

自動スクロールの方法を調べましたが

こんなことに1時間近くかけてしまいました。出来上がったらこんなもんかというほどシンプルで

あの一時間とはいったいなんだったのか

リストボックスに何個アイテムがあるかを取得するのに

listBox1->Items->Count;

を使います

そして選択する行をえらぶのに

listBox1->SelectedIndex

を使います。

これを合わせて

listBox1->SelectedIndex = listBox1->Items->Count - 1;

行番号は0から始まってるので1マイナスしてやる必要がありますね。


ここまでわかっていざ実行したら
なんか即効でエラーになる

ここで10分くらい悩みましたが、これもイージーミス

リストボックスのプロパティでアイテムの選択を許可してなかっただけでした。

プロパティのSelectionMode を Noneから Oneに変更してやれば

無事に自動スクロール達成!!

ふぅ、てこずらせてくれるぜ


ってか、参考のプログラム調べる時に思うんですが、
C++っても MFCだとかCLIだとか なんかいろいろあってよくわからんです。

自分が使ってるのがC++/CLIだってことぐらいはわかりますがねw

はやく違いのわかる男になりたい

スポンサーサイト

タイマー VC++/CLI まてよ、このまま早くすると・・・»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。