FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりにギター PICオシロ»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

VC++ 勉強(シリアルポート)


PICとの通信のために
シリアルポートのプログラムを勉強
簡単なプログラムを組んでみた






#pragma endregion
   
    private: System::Void serialPort1_DataReceived(System::Object^ sender,System::IO::Ports::SerialDataReceivedEventArgs^ e) {
        richTextBox1->Text = serialPort1->ReadLine();
    }
    private: System::Void button1_Click(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
        serialPort1->Open();
    }
    private: System::Void button2_Click(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
        serialPort1->Close();
    }
    private: System::Void button3_Click(System::Object^ sender, System::EventArgs^ e) {
        serialPort1->WriteLine(textBox1->Text);
}



接続ボタンを押すとシリアルポートがオープンし
切断で クローズ
テキストボックスに文字を入れて送信ボタンを押すと
シリアルポートからでた信号がそのまま戻ってくるように送信ピンと受信ピンをつなげてあります。
戻ってきた文字情報はリッチテキストに表示するようにしました。

実行すると
vcpp_test8.jpg

vcpp_test9.jpg

vcpp_test10.jpg

一応うまくいったみたいですが、
リッチテキストの行が変わらないのが残念。どうやってやるんだろうか、調べてみよう
あと、接続する前に送信したりするとエラーになっちゃったりしますが、
今のところはスルーの方向でw

シリアルポートを使ってみて一つ思ったのが
参考資料の少なさ

なくはないけどあんまりない

そして結構見かけるのが
初心者はC++よりC#の方が資料も豊富でいいよ という言葉

まじでか。乗り換えるなら今か。

ちょっと本屋でも行って見るか


スポンサーサイト

ひさしぶりにギター PICオシロ»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。