FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC 新お勉強 その10(A/D変換) 山手線×マクロスF»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

12F683 その2


12F683のピンの役割は次のようになってるみたいです
12f683_2.jpg

とりあえずVSSをGNDにVDDを5Vにつなげて
GP0の端子にLEDをつけて基本的な動作をチェックしてみました

12F683_3.jpg

プログラムは



#include <12f683.h>
#fuses INTRC_IO,NOWDT,NOPROTECT,NOMCLR,BROWNOUT
#use delay(clock = 4000000)

main()
{
    set_tris_a(0);

    while(1){
        output_high(PIN_A0);
        delay_ms(1000);
        output_low(PIN_A0);
        delay_ms(1000);
    }
}



12F683には16F84Aと違って内部に発振回路が入っているのでセラロックがいりません。
とはいえ、内臓だと4MHz以外選択肢はなくなります
でも、便利ですよね

内臓発振回路を使う場合には
#fuses INTRC_IO を指定します

とりあえず動作させたところ問題なく動きました


クリックお願いします
スポンサーサイト

PIC 新お勉強 その10(A/D変換) 山手線×マクロスF»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。