FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC 新お勉強8(シリアル通信2) PIC 新お勉強6(LCD)»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PIC 新お勉強7(シリアル通信1)


さて、いよいよPIC Cではやっていないステップへ

PICとその他のデバイスとの通信の実験を行うための下準備をしました。
シリアル通信というものを使ってPICとPCの通信しようと思います。

そのシリアル通信とやらを行うためには、通信の信号のレベルをPCと合わせる必要があるようで、
そのためにADM3202というICを使います。

ADM3202AN(3).jpg
ADM3202AN(2).jpg

このICに上図の様にコンデンサーを接続し、TinをPICの出力に RoutをPICの入力につなぎます。

PICからの送信データが 3202のTinに入って 信号レベルが変換されてToutから出て行きパソコンに届きます。
逆にパソコンから出力された信号がRinに入って、PIC用の信号レベルに変換されてRoutから出力されてPICの入力に入ります。

このICはパソコン等と通信するときには頻繁に使うようなので、実験用にすぐ使えるようにまとめてみました。
ADM3202AN.jpg
ADM3202と RS-232C用のD-sub9コネクタ 周辺のコンデンサ、 PICとの接続用端子。
これらをまとめてあります。

いよいよ実際にパソコンと通信をしてみます。


クリックしてくれたらうれしいです。

スポンサーサイト

PIC 新お勉強8(シリアル通信2) PIC 新お勉強6(LCD)»

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。