FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


右手パーツ 改良


イングラムの前方部分を切り落としてしまったので

スライドスイッチを利用して発射回数を数えることが出来なくなってしまいました


そこで、フォトダイオードと赤外線LEDを使って弾の数を数えます

とりあえず、ブレッドボードで実験
201003182.jpg

フォトトランジスタに赤外線LEDの光を当てると フォトトランジスタに電流が流れます
二つの間に障害物があると、光が当たらなくなり、電流が流れなくなります。

これをイングラムのバレル部分に装着することで、弾が通過して光をさえぎるかを監視します。

なぜ赤外線LEDを使うかというと この光の波長が約900nm
フォトトランジスタが最もよく反応するのが900nmだからです


スライドスイッチよりもこっちの方が精度が高いですね。これならカウントミスもかなり軽減します。

201003183.jpg
シャフトに穴を開けます

201003184.jpg
フォトトランジスタと赤外線LEDに半田付け

201003185.jpg
穴に取り付けます ホットボンドは便利ですねぇ

201003181.jpg

元に戻して完了

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。