FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギアのコピー 続の続き


もう片方も固まったのでいよいよ、ギアを複製します。
P3060002.jpg

肝心のギア部分にはレジンキャストというものを使用します。
P3060015.jpg
これはAとBの二つの液体を混ぜ合わせると硬化する樹脂です。
僕の使ったものは1:1の比率でまぜると固まります。(ほとんどのやつがそうだと思います。たぶん)

P3040262.jpg
A液とB液を計量中
あ、この作業をするときは必ず換気をしっかりとしてください。
どの程度結果に影響してくるかは知りませんが、湿気が多い日は作業に適さないらしいです。
そんな今日はまさに雨。でもやります。

型の片方に2つの穴を開けます。 一つはレジンを注入するためのもの、もう一つはきれいに注入できるように空気を抜くためのものです。
P3060003.jpgP3060006.jpg

P3060007.jpg
出来上がった型の両面に離型剤を塗布します。これをすることで完成した製品がすんなりとはがれ、型が壊れにくくなります。

P3060014.jpg
二つをあわせて、輪ゴムなどで固定します。

次にA液とB液を混ぜ合わせます。 混ぜ合わせるときにはポリプロピレンのビーカーやコップ等、もしくは、紙コップを使用します。なぜかといえば、混ぜ合わせた後容器内にあまってしまったレジンがガラスの容器内にあると硬化後に取れないからです。ポリプロピレンの容器ならば気持ちよく取れますし、紙コップならそのままポイできます。

しっかり混ぜたら速やかに型に流し込みます。
10分くらいで硬化しますが、もうすこし余裕を見たほうがよさそうです。

20分後

ここにきて、とってもあほなミスをしていたことに気がつきましたwwww
P3060012.jpg
とれねぇww

普通は横に穴を開けることは知ってたのですが、横方向には歯車のギザギザがるので仕方なく上にした。なぜかいけると思ってましたww
なんで気付かなかったかなぁ・・・
ま、何とかなりそうですが

穴の部分を無理やりへし折って取り出しました。
P3060011.jpg
お、思ったよりきれいに出来たぁぁぁヽ(*⌒∇⌒*)ノ

と、思ったら・・・

P3060010.jpg
裏面に気泡が入ってました。歯はすべてそろってはいるのですが、気泡で半分消えているものなどがあり。まずそうです。

今回は試験的にやってみたので、もう一度しっかりやればいけそうです。

今回やっていて改善すべきだと思ったのは、
1.缶から液を取るときに出しすぎてしまうので、小さなビンなどにいれてスポイトなどで少量取れるようにしたほうがよさげ。
2.ギアの型を取る向きを垂直にしたほうがよい。(そうしないと型からはずしにくい)
3.調べたら、湿気の多い日にやるとレジンに気泡が出来やすくなるらしい。今度は晴れの日にしよう。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。