FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LM3914を使ってみた


前々からちょっと気になってたLM3914

なんだかちょっぴり便利そう

そんなこんなでデータシートを読んで、あるていど使い方を理解したのでせっかくだから零電:実践編の動画にしてみました



実践編はできるだけマイコンを使わないでやりたいのでLM3914は結構使えそうだ

スポンサーサイト

ニコニコ ブロマガ


ニコニコでブロマガとやらを始めてみました。
剣菱Pのブロマガ

ブログはこっちがあるので最初は悩んだんですが、
2、3記事書いてみると、ニコニコのサービスだけあって動画を見てくれてる人とはやはり連絡がとりやすくていいな
ニコニコ向けの内容はブロマガでやって それ以外のことは今までどおりこっちでやっていこう。

今まで動画の視聴者さんになにか知らせたいときはコミュの掲示板を使ってたんですが、
掲示板だとやっぱり表現しにくい所もあってやりにくさを感じてました

その点ブロマガはニコレポにも出るし目にとまりやすそうでいいね

いろいろ媒体を増やしちゃうと自分でわけわかんなくなりそうで心配だったけど
うまいこと使い分けられそうだ


零電:実践編 No.15 その6




透過モード時にATコマンドであて先を変えて送信する実験をしてみた。

XBeeパートはこれで終了。

APIモードについて最後に紹介したけど、動画にはしない予定。

これでしばらくは実践編もお休み


これからは解説動画じゃなくて普通の動画づくりをしよう。

このシリーズを作るときに一番の問題だったのが、外の環境音
窓のすぐ外が大きめの通りだから車の走行音がうるさくてうるさくて

ブウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウン ブウウウウウウウウウウウン

… …

(は! 今だ!)
ペラペラペラペラ ブウウウウウウウウウウウウウウウウウン キキーーー!!
(まだしゃべり終えてないのに…)

こんな感じで5分の内容作るのに2時間くらいかかったりしてたw


動画編集力が無いので、編集に時間をかけなくてすむように自分でしゃべることにしたが、結局撮る方に手間がかかってしまったなぁ…

動画の編集力を身につけなくちゃ


実践編No.1のコメントを眺めて


なにげなく、自分の動画についたコメントを眺めていたら
ちょっと興味深いやり取りがコメントでされていた

20121123_143627.jpg

上の3行がふと目に止まったコメント

まぁ、僕自身まだまだ初心者に毛が生えたようなもので、自分で何か実験するときは最初の人が言ってるように、おおよその経験からあまり深く考えずてきとーに値を選定して実験してうまくいったら「わーい」って喜ぶ程度w

でも、あくまでほんのちょっとは経験があるからそれが出来るとも思う。
やっぱり真っ白な状態で「抵抗なんて、どれでもいいよ てきとーてきとー」と言われても
「え、てきとーって言われたってこれだけたくさん種類があるのにどうすれば…」と初心者はなってしまうと思う。
この動画を作るにあたっては、「僕が電子工作を始めた時点」の気持ちを思い出すことに一番力を入れるように心がけてる。
僕は真っ白な状態だとどれを使えばいいのかわからなくて動けなくなるタイプ
たまに質問とかをされるけど、そういう人は大体僕と同じタイプだと思う

「てきとうで大丈夫だよ」ってのは上級者からすればやさしさで言ってるんだと思う。
「そんな深く考えなくても動くから、とりあえずやってみて楽しもうよ」って意味が強いと感じる。
僕が何も知らない状態でこの台詞を聞いたところを想像してみると
ちょっと突き放されたような印象を受けなくも無い気がする。

「夕飯何がいい?」って質問に対して「なんでもいいよ」はやっぱつらいと思うw
(また、飯で例えてしまった… ってか例えが的外れかなw)

それに対して
「初心者でもてきとうにやって壊して覚えるもんじゃないのか?」ってコメントにも同意できる
今までに僕もたくさん破壊したw

でもそれもある程度進んでからの話だと思う。この動画は一応これから電子工作を始めたい人向きに作ろうとしてるつもり(実際はすでにちょっと経験ある人向きになっちゃってるかもだけど)

ある程度の指標が無いと
「てきとーって言われたからてきとーに買ってきたぞ、よしやるか! わーい動いた」
「さて、次はこんな改造をしてみたい。よしここもてきとうだ。」
となる気がする。

ほんのちょっとでも考え方がわかれば
「ふむふむ、大体このくらいのものを買えばいいのか、よしやるぞ! わーい動いた。」
「じゃあ、次はこんな改造をしてみるか。 さっきの考えはこうだったからここをこうすればいいはずだ」
って次のステップに自分で進みやすいんじゃないかな。

そこで、自分で考えた部品を選んだ結果として失敗して部品が壊れることに意味があると思う。
「さっきの回路はあの考え方で大丈夫だったのに こっちのほうはダメだった どこに原因があるんだろう」

「さっきは大丈夫だったけど、こっちはダメだった。でもどっちもてきとーだから違いがわからん」
では得られるものは違うと思う。

部品を壊すのは大事なことだと思うけど、何の考えもなしにただ破壊するのは学習ではないように思える。


さらにいえば、

まったく自分の意識が介在しないで回路をつくってるとただ単にキットを組み立てるのと変わらない気がする。
(キット作成に意味が無いと言うつもりは無いけど!)

その部品を選定する上で掛け算の一つでもいいから 自分の意思が入ることで回路を組み立てる楽しさがうんとあがると僕は思う。
何を楽しいと思うかは人それぞれだろうけど、結局のところここが一番大事だと思う。



さらに下のコメントを見てみたら、
「俺は計算めんどいから…」 と 「計算が多いからこの回好きだな」
ってコメントがあったのも面白い

人それぞれだなぁと改めて思わされた

勝手なイメージだけど
前者は、何度も同じ計算をたくさんして いつも結局これくらいの値じゃねーか ってなった人
後者は、てきとーにやってきて、計算で裏づけを取ることに飢えてる人
に思えた。
コメントしてくれた方、勝手に変な事言ってごめんなさい

これがあたってるなら
最初生真面目に計算してた人は いいかげんな感じになって
最初いい加減だった人は 計算したがって

この二人の行き着くところは同じ場所なきがした。
つまり最初の3行のコメントはどれも正しいんだなぁきっと

まぁ、動画を作るうえでの方針としては2行目の人を押したいけど、電子工作を始めるって意味ではどれも正しいんじゃないかな。




零電:実践編 15 その5


今回はXBeeにATコマンドでADCの値を読ませてます。



次の回でXBeeに関してはおしまい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。