FC2カウンター

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

剣菱P

Author:剣菱P
剣菱Pと申します。
性別:男
年齢:27
二兎を追って一兎も得られないタイプ

マイコンやプログラミング、ニコニコ動画、雑記等
方向性は見えずとも、ちょっとずつ更新していく予定です!

リンクフリーです。
こんなブログでよかったらよろしくお願いしま~す。

公開メール kenbishiP@gmail.com

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

ランキング

ランキング参加中です。気が向いたらクリックしてあげてください。


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PICAXEでI2C


PICAXEでI2Cの通信をしてみました。

サンプルとしてI2C接続のキャラクターLCDを用意。



これまた簡単な設定で通信できた、が、フローチャートにはI2Cのコマンドが見当たらない。
変わりにBASICコマンドを使ってそのなかにI2Cのコマンドを書いたが、

これではほぼBASICで記述しているのと変わらないw

まぁ、視覚的に見やすくはなってるけど。


BASICのhi2csetupコマンドでスレーブのアドレスを指定しているので
hi2coutコマンドの先頭に自動でスレーブアドレスをつけてくれるようだけど
これは親切なようで逆に邪魔な気がする。

自動的にスレーブアドレスをつけないようにする設定もあるのかな

スポンサーサイト

PICAXEでサーボモータを動かす。


前回PWM出力をやったので、今回はサーボモータを動かしてみました。

どうやらサーボモータ用に専用のコマンドがあるみたいですね。

周期は20ms固定で簡単にhighの時間を指定できる。

これは簡単でいいですね、サーボ使ったこがない人でも簡単に使えちゃいますね。



PICAXEでPWM出力


PICAXEでPWM信号を出力してみました。




これまたすごく簡単に設定が終わってしまった

PWMの周期、デューティも計算してくれるしすごく簡単でよいなぁ


ここまでPICAXEを触ってきて思ったんだけど、
いままでのコマンドはクロック周波数が内臓の4MHzってのが前提みたいなんだけどこれは気のせいかな?

周波数をしていするコマンドがあったから試しに8MHzに変更してpauseやsoundのコマンドを試してみたけど
周波数が8MHzになってしまったからpause 1000としても1秒にはらならい

普通こういうのって周波数を指定したらそれぞれのコマンドは指定されたクロックから必要な時間を計算してくれるもんじゃないのかしら?

と思って調べてみると、コマンドの説明文にも
The timebase is altered if the default frequency is altered, for instance running 4MHz parts at 8MHz will result in a pause half the expected length.
とか
The length of the note is halved at 8MHz and quartered at 16MHz.
とか
The setfreq command can be used to change the speed of operation of the microcontroller from 4MHz to 8MHz (or some other value). However note that this speed increase affects many commands, by, for instance, changing their properties (e.g. all pause commands are half the length at 8MHz).
とか、周波数に合わせて値はそっちで再計算してね!って言われてるようなきがする。


PICAXEで音楽再生


PICAXEの音楽再生機能を試してみました。

圧電スピーカーをつないで信号を送る



コマンドはsound play tuneとあるらしい。

Soundくらいしか期待してなかったけど、playとtuneは面白いなぁ

Soundはただ単に単音の音をだすだけ、

playも単音しか出せないけど4曲の中から曲を選択して再生できる。

tuneはRTTTLフォーマットで曲データを用意できる。もちろん単音


クリスマスに簡単なおもちゃ作ったりするのにつかえそう
まぁ音だけならメロディーICでいいだろうけど


PICAXEのdebugコマンド


シリアル出力のところを調べていたときにdebugというコマンドが目にとまったので試してみた。


変数やポートの状態が確認できる。
これは中々便利でよいですなぁ

BASICでは問題なかったけど、フローチャートでdebugコマンドの確認をしていたら変な現象に遭遇
フローチャートで変数Aに値を代入したところ
なぜか変数Jにも同じ値が代入されてしまった…。

フローチャートで使える変数は少なくてアドレスが一巡しちゃってるんじゃとか一瞬考えたけど
だったらそもそも変数Jなんてものが存在しないはずだしなぁ。

バグ? じゃないよなぁ

もうちょっと詳しく調べなくては



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。